2006年02月06日

#1 唯一度の奇跡

春香に引導を渡すつもりで、LOOPみなと店で出勤しました。
が、あと1週残りで帰ってきてしまいました。

明日が本当の、最後の最後。


2ndPの春香は、1stの春香が今井さんの相方になっているので、
これを待たずに春香EDを見るために結成しました。
あとは春香のABランクコミュの補完や、
変な衣装で写真取ったり、オーディションで博打打ったり。
とにかく、あまりファンの人数やランクアップに拘った
ユニットではありませんでした。

そんな春香も長いBランクの活動で減衰著しく、
今日開始時点で残り6週。素Lv.は8でした。
そしてViマスとDaマスを取っていない。
仮にファンが100万人に届いても、Aランクには昇格できません。



今日の春香、まずはレッスン。ポーズGOODに「ある日の風景7」。
この期に及んでレベルが9になった。

これが俺と春香を狂わせた。

もう一度、やってみるか。Lv.9でビジュアルマスターに挑戦。
先日、ジェノ狙いが大きく外れて、5位大敗を喫したばかり。
今度はジェノらないつもりで戦おう。
BOMはCPUに合わせて打ってみよう。「祭り」になったら2発打つ。

エントリー画面、キュアブラックとレッドショルダーがいる。
それぞれLv.13とLv.12。格が違いすぎる。
オーディションは言わずもがな、ぎりぎりの戦いになった。


結果、ジェノなしで18点。


……、合格!!!!!



NEC_0141.jpg

春香とキュアブラックとレッドショルダーが、18点で並ぶ大接戦。
これを奇跡と呼ばずして何と呼ぶか。
ゴッドではない凡人の俺と春香が、Lv.9でViマスに勝利してしまった。

しかしこのあとは所詮凡人の俺。
敏腕付きでDaマスに挑戦するも、2点差で3位敗北。
(1位と2位は同点)
何しろ春香、Viは未だ100点をたたき出すほど活きているが、
DaとVoは減衰しきってゴミなのだ。
Viマスはまだしも、Daマスにはとことん不利なパラメータ。

そして再びレッスン。歌詞GOODに「ライブ(大型ステージ)」。
Lv.は8から上がらずだったが、次の瞬間そんなことは忘れた。



「プロデューサーさん、ドームですよ、ドーム!!」



NEC_0144.jpg

Cランク限定の台詞じゃなかったのか?!
超ビックリ仰天しました。
(写真はそのあとのシーンなので、台詞違います)

そうだよ春香、お前が最後を迎えるステージも、ドームなんだよ!

そして最後に再び、Lv.8でDaマスに挑戦。また2点差で、2位惜敗。
しかし、たとえLv.8でも全COMなら、運がよければ勝てるような
ギリギリの勝負が出来るんだと、改めて実感。


というわけで、本当は今日適当にコミュして最後休みを連打して
引退するつもりでしたが、
明日迎えるラストの週も、Daマスに挑もうと思います。
負けるとはおもいますが、Lv.8なら無様な負け方をしない限り、
テンションがほとんど下がらないことも今日分かりましたし。


今日は本当にありがとう、そして明日もがんばろう、春香。
posted by けいけいえすP at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2ndP【1st-2nd】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/322242

この記事へのトラックバック